「Galettes and Biscuits」さんで出張販売中

DSC04608.JPG

本日はお菓子教室「Galettes and Biscuits」さんで
チャリティーお茶会がありまして、
リバティ小物の出張販売をさせていただいております(明日まで)。
お教室はとってもご近所にあるのですが
先生のお菓子、ほんっとうにおいしい…!!
いままでメレンゲやマジパンのおいしさが
いまいちわからなかったのですが、
先生のお菓子をいただくと、
「こんなにおいしかったんだ〜」と驚くばかり。
そしてどのお菓子もすごくかわいくて、
眺めているだけでとっても幸せな気分です。
(もちろん眺めるだけじゃなく、おいしくいただきます。笑)

甘いものを食べると、絶対に
脳内でなにか「幸せ物質」が放出されますよね。
それがドーパミンなのか、アドレナリンなのか
エンドルフィンなのか、セロトニンなのか、
わからないんですけど…
本当に、お茶会、至福の時間でした〜
(次はお菓子教室、参加させていただきたいです!)


DSC04609.JPG

こちらはイギリス菓子を中心としたお菓子教室なので、
イギリスつながりということで
リバティの雑貨をいろいろ置かせていただきました。
シュシュやポーチ、カードケースなど…

先生のご自宅はインテリアも食器も
イギリスのものが多くて(これが本当に素敵!なんですよ)
リバティがとても似合うというか、
ふだんより商品が魅力的に映って、なんだか幸せ。

今回の売り上げの一部は、
震災の復興支援に寄付させていただく予定です。



もう秋の気配

DSC04599.JPG

窓を開けたら、空一面のうろこ雲。
近づく秋の気配。



嵐の日の猫

DSC060.JPG

2年前の夏。
その日は台風直撃のひどい嵐で、
朝からずっと雨が降り続いていました。

窓をたたく雨音にまじって、かすかに聞こえる猫の声。
庭先に置いた縁台の下、
畑道具の隙間に身を隠すようにして、
子猫が鳴いていたのです。

近所の人の話では、数日前から
近くをさまよう子猫の姿が目撃されていたようなので
たぶん、このあたりに迷い込んで、
しばらく経っていたのだと思います。
親猫とはぐれたのか、誰かに捨てられたのか…
か細い声の主は、とても弱っているように見えました。

どんどん激しくなる雨は
縁台の下まで容赦なく降り注ぎ、
子猫もすっかりびしょぬれ。
「このまま放っておいたら、死んでしまうかも」
そんな思いが頭をよぎり、
わたしはその夜、子猫を拾って家の中に入れました。

それから数日。
子猫はすっかり元気を取り戻したものの、
ひとつ、大きな問題が。
うちには3羽の小鳥がいて、
しかも部屋中飛び回っているので
とても同じ屋根の下で猫を育てることは
できなかったのです。

そこで、ご近所、知り合い、里親掲示板。
さまざまな手段で、子猫の里親探しを始めました。
生後3週間〜ひと月ぐらいの赤ちゃん猫だったことと、
かわいい顔の、なかなかの美猫だったことが幸いしたのか
探し始めて約一ヶ月で、無事に
里親となってくれる方を見つけることができたのです。

でも、直接の知り合いではなかったので、
実際にちゃんとかわいがってもらえるのか
本音を言えば、不安でいっぱいでした。
そんな気持ちで過ごしていると、ある日、
里親さんから、子猫の写真が送られてきました。

そこに写っていたのは、新しい家で
のびのびと過ごしている猫の姿。
少し大きくなった体は健康そうで、
あの嵐の夜に見た弱弱しい雰囲気は
もう、どこからも感じられませんでした。

里親さんによると、獣医さんに連れていったところ
「8月上旬生まれ」らしいということで、
それ以来、8月になると
大きくなった猫の写真が里親さんから
送られてくるようになりました。

そして今年も8月を迎え、
新しい写真を送っていただきました。
あの小さな命が、消えることなく
今もちゃんと健やかに続いていることがわかって、
ほっとするのと同時に
ちょっぴり力をもらったような、
そんな気持ちになります。

また次の夏もこうして、
無事に成長した姿が見られますように。


ブルーベリーとブラックベリー

DSC04582.JPG

朝市の収穫。ブルーベリーとブラックベリー。
このへんでは今が出盛りのようで、
市場に行くとよく見かけます。
あとスイカ!
いろんな品種のものがごろごろ並んでます。

ベリー系、うちではあまり食べないのですが
今日は出かける予定があるので手土産に…
と思って買ってきました。

東京から宇都宮に戻ってきて
なによりよかったのは、
野菜や果物が安く手に入ること!
だいたいスーパーの半額です。
しかも超新鮮、朝採り。
スーパーだって東京よりだいぶ安いのですが…

安さ比較で言うと、
スーパー < 産直 < 地元の朝市 ですね。
スーパーや産直だと粒の揃った
形のいいものが並んでいますが、
地元の朝市(←地元の人も気付いてないほど
かなりさり気なくやってる)だと、
不揃いなものや形の悪いものも混ざってたりするので
本当に安い。もちろん粒の揃ったやつもあります。

おもしろいのは、農家さんが実験的につくった商品が
けっこう並んでいること。
新しい品種や、変り種、珍しい色のもの…
それを見たり買ったりするのも楽しみのひとつです。


旭山動物園のペンギン

DSC04527.JPG

もろもろ用事があって、札幌に行ってきました。

少し自由になる時間があったので、1日だけ遠足。
旭山動物園と富良野に行きました。
どちらも初めて!

いい気候になってきたので
どこも人出が多かったのですが
それでも、やっぱりのんびりできました。
広いぞ北海道。

旭山動物園は想像以上にいろんな鳥がいて
なかなか楽しかったのですが
(とくにフクロウがいっぱいいて、かわいかった!!)
お目当てのペンギンはお部屋で子育て中(抱卵中)で
水中トンネルを泳いでいたのはほんの数頭でした…
でも、こんなふうに泳いでいる姿が見られるのは珍しいので
とってもおもしろかったです。
まるで空を飛んでいるみたいに見えて、
「ペンギンも鳥だったんだなー」なんて
改めて思ったりしました。
(ふだんの姿はあまり鳥っぽくないので)

そういえば、ペンギンって
立ったまま抱卵する種類と、
ふつうの鳥と同じように抱卵する種類がいるんですね。
キングペンギンが立ったままお腹の皮?をペロンとかぶせて
卵をあたためていたのが、なんだか不思議な感じでした!

DSC04542.JPG

そして、美瑛を通って富良野へ。
今年は冬が長かったので、
美瑛の丘陵地は作付け前の畑もちらほら。
丘全部が緑に覆われるのはもうちょっと先かな…

でも富良野に着くと
ラベンダーがちょうど開花したところで
(前日ぐらいまではあまり咲いていなかったようです)
辺り一面、いい香りに包まれていました。

ここではアロマ用のオイルを購入。
(ラベンダーの香りには安眠効果があるので、
いつも寝る前に使っています)
これで明日からよく眠れる…はず!

そんな感じですっかり遊んでしまいましたが
また明日からせっせと縫い物に励む予定です。

そうそう、札幌の「マリヤ手芸店」で
フランスとスペインの刺繍本を手に入れたので
それを参考にしながら、また刺繍やりたいなって思ってます。
今度は黒じゃなくて、赤一色がいいかな?
どうぞお楽しみに☆


新しい楽譜

DSC0442.jpg

今日は新しい楽譜が届いたので
朝からずっとバッハを弾いています。
「フランス組曲」の第5番。

先週までは、がんばってミシンがけしていたので
今週はちょっとのんびりと…

ふだんは、お裁縫>ピアノ ですが
ときどき、お裁縫<ピアノ になる日があります。
とくに新しい楽譜が手に入ったりすると。

いま、ちょうど同時進行で
モーツァルトのピアノ組曲もやっているのですが
それがすごくバッハ風だったので
なんだかバッハが恋しくなってしまったのです。

その組曲は、ウィーンに暮らしていたモーツァルトが
コンスタンツェと結婚した年に書かれた曲。
当時モーツァルトはバッハの曲にたくさん触れて、
大きな影響を受けたと言われているので、
それがダイレクトに表れた組曲なのかも。
残念ながら未完ですが、とてもきれいな響きの曲です。
(こんなにバッハ風の曲を書いていたなんて
今まで知らなかったので、意外でした)

そして、今日からはじめたフランス組曲は
バッハのなかでは比較的易しい曲ですが、
素朴ながら音の重なりがとても美しく、
聴いているとふっと力が抜けるというか、
ほっとするような、そんな曲です。
(でも弾くときはすごく神経を使うので超緊張!)

そんなわけで、これからしばらくは
ミシンがけのBGMもバッハかも?


穏やかな風景

 DSC04422.JPG

当たり前のような日常に、大切なものが潜んでる。



新しい可能性

DSC04366.JPG

先日、お声掛けいただいたイベントの
下見に行ってきました。

場所は宇都宮駅から徒歩10分ぐらい?
(もう少し近いかも?)
田川を越えて少し行った先にある、
もと倉庫を改装した建物。

1階は「happy field cafe」という素敵なカフェで
2・3階がイベント会場の予定です。
(ふだんはコワーキングスペースになっています)
新しい場所で始まる、新しい試みに
とってもわくわく!しています。

辺りは川沿いにお寺が多く
昔からこの町に住んでいる人が多いせいか、
市の中心部なのに、静かで落ちついた雰囲気です。

昔、父の実家がこの川沿い(もう少し南)にあって
ときどきそこを訪れていたので、
なんとなく、川沿いのお寺エリアには親しみがあります。

町の人が気軽に遊びに来ることができて、
この町をもっと好きになるような、
そんなイベントになったらいいなぁ…なんて思いました。
イベントは7月28日です。
詳細はまた後日、お知らせしますね。


大子に行ってきました

DSC04326.JPG

今日は茨城県の大子町に行ってきました。
車で行ったけど駅の駐車場にとめたので、
改札からホームを撮ってみました。

ホームに並んだ無人の椅子と、後ろに広がる緑…
という組み合わせが好きで、
遠くに行くと、よく写真に撮っています。

なんていうか、これだけで、旅に出たくなる気が。
(実際、ちょっとした小旅行?)

DSC04328.JPG

その駅から少しだけ歩くと、町の中心部に一軒のカフェが。
来週、オープンです(たぶん!)

長い眠りについていた古い家屋に
少しずつ人の手が入って、
だんだん命を取り戻していく…
そんな現場を、今日はちょっとのぞかせてもらいました。

DSC04329.JPG

黄昏時、明かりが灯った感じも素敵です。

実はこちらに、糸とボビンの商品を
置いていただくことになって、
今日はその打ち合わせに行ってきました。

カフェなので、ミトンやコースターなど
キッチン雑貨をメインに
置いていただく予定です。

お店がオープンしたらまた詳しくご紹介しますね。
お楽しみに★


空に向かって

DSC04259.JPG

ピンクの花が咲いていました。
薄紫色、かな?
木蓮です。

桜もいいけど木蓮もきれいですね。
でも週末の嵐ですっかり散ってしまったようで…

かわりに、柳や欅やハナミズキが芽吹きはじめて
枝のまわりが、ほわっと
やわらかな緑色に包まれています。
そうそう、枝垂桜や八重桜も見ごろですね。

順繰りに春が巡ってきて
冬の眠りから覚めた木々が
少しずつ新しい色をまとい始めるのを
ひとつひとつ確認するように
毎日を過ごしています。

春ですね。


<< | 2/16PAGES | >>