ミニチュアバッグのネックレス(トリコロール&ブルー)

DSC04655.JPG

かぎ針編みの本体に革の持ち手を合わせた
ミニチュアバッグのネックレス。
トリコロールの配色違いと、
ブルーだけの、3種類です。

チャームは左から、時計、まつぼっくり、小鳥です。
とくに、時計のチャームは細かいつくりで
よくできていて、すごくかわいい♪

スエードの紐は茶色とベージュにしましたが
茶色のほうが秋っぽくて
今の季節に合ってるかもしれませんね。

明日のイベントはこれと、
もう少し細いレース糸で編んだタイプを持っていきます。



トリコロール3兄弟

DSC04638.JPG

ミニチュアバッグのネックレス、
トリコロールバージョン。
色の並べ方を変えたり、
少しずつ編み方を変えているので
微妙にどれも違うデザインになっています。

前回つくったときに、お客様から
「チャームがエッフェル塔だと、もっといいかも!」
というご意見をいただいたので、
探しましたー、エッフェル塔チャーム☆
ちっちゃいものがなかなか見つからなかったんですけど
ようやく見つけて、いくつか購入。
つけてみたら…本当にミニサイズ!でキュートです。
この写真だとよくわからないぐらい小さい。笑

秋冬は、タートルネックの上から
つけていただくとかわいいですよー。

もう少し寒くなったら
アルパカ糸でつくろうかなぁと思っているのですが
このところ思いのほか暑くて(10月なのに!)
まだ毛糸を触る気になれません…
毛糸は来月ぐらいから、かな。
毛糸になったら、手袋バージョンを増やす予定です♪



ミニチュアバッグ&がま口のバッグチャーム

DSC04617.JPG

バッグチャーム用の金具を見つけたので、
ネックレスにしようと思って編んでいたミニチュア小物を
チャームにアレンジしてみました。

ミニチュアバッグは軽いのですが、
がま口は、出来上がってみたら
口金の部分が思いのほか重くてずっしり。
うーん、これをネックレスにすると肩凝りそう…
なんて悩んでいたので、
チャーム用の金具が見つかってちょうどよかった!

がま口のほうには
まつぼっくりのチャームを付けました。
でも小さくてこの写真だとわかりにくいかな?

バッグは白が好きなのですが(今回は茶色だけど)
がま口はカラフルなほうがかわいい気がして
いろんな色糸で編んでいます。
このがま口、本当に小さいので50円玉までしか入らない…
しかも2枚入れるとキツイ。
と、かなり実用面ではかなり問題アリですが
そこはご愛嬌…ってことでお許しを!



ミニチュアバッグ&ミトンのネックレス、カラフルバージョン

DSC04613.JPG

ふだんはもっぱらアイボリーのレース糸でつくる
ミニチュアバッグのネックレス。
ちょっと気分を変えて、色糸で編んでみました。
今回は丸底マルシェバッグのデザイン。

この写真だとわかりにくいのですが
真ん中のミトンもラメ糸なので
いつもの糸じゃないんです〜
…っていうか、ミニチュアミトン自体
編むのはすっごく久しぶり。
久々すぎて編み方を忘れちゃって、3回編み直しました。
いつもの固いレース糸だとふっくらした質感が出ないので
ミトンは今回使った綿麻糸のほうが合っているのかも。
なんとなく、毛糸で編んだみたいな
ふっくらした表情になった気がします。
冬になったら細いアルパカ糸でつくろうかな〜、きっとカワイイ予感。

そして、いちばん右はトリコロール。
大好きな組み合わせです。
大きなバッグも、ミニチュアバッグも、
気が付けば、この色合わせになってます。笑
イカリのチャームをつけたら
妙に夏っぽくなった気もしますが…まあいいか。

本体に色糸を使用したので、
今回は合わせる紐の色を控えめにしました。

週末のイベントにたくさん持っていく予定です!




ジュート糸のミニ・マルシェバッグ(緑×白ボーダー)

DSC04603.JPG

先日つくったものと色違いの
ボーダー柄マルシェバッグ。

できあがってみると、青×白も好きだけど、
この緑×白もカワイイな、と思ったりします。
途中で白糸が少なくなってしまい、
実は先日のものよりも
白ボーダー部分がちょっぴり(一段分)細い…のです。
とほほ。
でもまあ、これはこれでいいとしよう。
仕上がりサイズはいっしょです。

今月はちょっと体調を崩してしまい(やっぱり暑さのせい?)
なんだかいろいろはかどらなかったのですが
マルシェバッグはけっこう編みました。
カラフルにたくさん並んでいるのを見ると
わくわくして、なんだか楽しくなります。
もうちょっとつくりたい(並べたい)…けど
そろそろお裁縫やらなくちゃ!



レース糸×革でミニチュアバッグのネックレス

DSC04596.JPG

光沢のあるアイボリーのレース糸で編んだ本体に
牛革の持ち手を付けて仕上げた、
小さな小さなバッグ。
スエードの紐に通して、ネックレスにしました。

いろんな糸で試してみた結果、
固めのレース糸で編んだものが
いちばん仕上がりがキレイだったので
(かっちり、しっかりできる)
最近はもっぱらそれでつくっています。

右は丸底のマルシェバッグで
左は側面に模様編みを入れた、ぺたんこバッグ。
お値段はどちらも1000円です。

右側に置いたマッチ箱で大きさ比較。
かなり小さいです。
100円玉までは入るかな〜、
でも500円硬貨は無理、ぐらいのサイズ。
(これをつくるときは細かい作業が多いので
肩凝りがひどくなります…
でも細かい作業をちまちまやるのは
楽しくてやめられない。笑)

どちらも、持ち手のところにチャームを付けました。
右のマルシェバッグにはアンティークゴールドのバラ、
左の四角いバッグのほうは銀色の鳩。

シンプルなブラウスやTシャツ、
ワンピースに合わせると、
とってもかわいいですよ。

あ、そうそう、
ときどきお問い合わせをいただくのですが、
オンラインショップに出ていなくても
ブログに載せた商品は販売できるものも多いので
気になる方はお気軽にメールください。
材料のあるものは制作いたします〜



ジュート糸のミニ・マルシェバッグ(青×白ボーダー)

DSC04591.JPG

春にも編んだ、ミニ・マルシェバッグ。
もう一度つくりたくなって
いろいろ糸を買い揃えたのですが、
やっぱりこの配色が好きみたい。笑
けっきょく同じ、青×白のボーダーにしちゃいました。

大きさは、ちょっと小ぶり。

前の日記でも書きましたが、
麻の糸は重いので、あまり大きくすると
バッグだけでずっしりと重たくなっちゃう…
というわけで、小さめに仕上げています。

重くなる…という問題点はあるものの
麻糸の風合いはやっぱり素敵です。
しっかりとしたフォルムに仕上がるところも、
ざっくりとしたナチュラルな質感も、
この糸の好きなところ。
なので、麻糸のバッグもやっぱり大好き。
色違いも制作中でっす。



アンダリヤ糸のかごバッグ(ボーダー)

DSC04595.JPG

アンダリヤ糸でかっちり編んだ、かごバッグです。

トリコロールカラーの3色で編もうと思ったんだけど
なんとなく締まらなくて、
持ち手部分に黒を入れてみました。
黒が入ったら、ちょっと大人っぽく仕上がったかな。

トリコロール…といっても真ん中はベージュです。
最初、白でやってみたんだけど
なんとなく落ち着かなかったので
少し明度を落としてベージュで。

この糸は、かっちりした形に仕上がるけど
とっても軽いのがいいところ。
同時進行で麻糸のマルシェバッグも編んだのですが
麻の糸はけっこうずっしりしちゃうので、
あんまり大きくできないんですよね…
なので、大きなバッグにするなら
アンダリヤ糸のほうがいいな、と思った次第。

底は丸底なので、見た目よりも
けっこういっぱい入ります♪

アンダリヤ糸の問題は…
ちょっと高い、ってことかな。うーん。
編みやすいし、かっちりできるし
繊維がほつれないし、いい素材なんだけど。

そんなわけで、いろいろ考えつつ
いろいろ素材を変えながら、
かごバッグ制作中です。



麻紐で編んだミニ・マルシェバッグ

DSC04588.JPG

かための麻紐(手芸用)で編んだマルシェバッグ。
ちょっと小さめですが、
ふだん使いにはちょうどいいサイズです。

以前編んだマルシェバッグと同型で、素材違い。
今回の糸のほうがかなり硬いので、
一段編むごとに手が痛くてひと休み…
なかなか進まなくて、ここ2か月ほど放置していたのですが
ようやく完成まで辿りつきました。

この麻紐、風合いは素敵なんだけど
編むのが大変なので
前の糸に戻そうかなぁ…と悩み中。

8月に入ってから、あまりに暑くてお裁縫ができず
(ミシンとアイロンがけがつらくて)
このところ編み物ばっかり。
しかも硬い糸ばかり使っているので
肩凝りが悪化してしょうがない…
だけど今やれるのはこれだけなので
毎日、黙々と編んでます。笑

来月のイベントまでに、もう少し
マルシェバッグを編んでおこうかな、と思っています。
お楽しみに☆



旅先で編んだシュシュ

DSC04078.JPG

空港での待ち時間などを利用して編んだシュシュ。
旅に出ると、編み物がはかどります。

年始頃は毛糸のシュシュばかり編んでいましたが
先月半ばぐらいから、
春に向けて、さらりとした手触りの
綿麻糸のものを編むようになりました。

青、白、赤…
わたしはどの色も好きですが
お客さまには、赤が人気です♪
派手すぎない、大人っぽい上品な赤なので
お洋服にも合わせやすいと思います。

今週末のイベントには、
編みシュシュも、リバティ(新柄いっぱい!)小物も
たくさん持っていきますので、
お楽しみに★


<< | 2/5PAGES | >>