フランスからやって来た陶製の鳥

DSC04233.JPG

友だちに誘われて入ったアンティークのお店で
つい、目が合ってしまった小鳥ちゃん。

20Cフランスのもので、
そんなに古いものではないようです。

これね、笛になっていて(尾のところ)
音が出るんですよ。
体の上のところにちょこんと穴が付いているのは
たぶん、紐を通すためのもの。
コレ、首から下げて…どこに行こう?笑
本当は何に使う目的のものなんでしょうね?
山歩きのときのバードコールなのかなぁ。
(でも転んで割ったりしそうだから山で使えない!)

とりあえず、我が家の
鳥グッズコレクションの棚に並んでおります。

一緒に撮った菜の花は家の畑で咲いていたもの。
アブラナじゃなくて、かき菜の花です。
最近、急に暖かい日が続いたりするので、
そうするとぐんぐんのびて
摘み取る前に花が咲いちゃう。
食べようと思っていたのに、結局、
飾ることが多くなったりして。
…それはそれで家の中が明るくなっていいんですけど、ね。

そういえば、宇都宮もずいぶん桜が開きました。
満開まで、あと少し。
もう春ですね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック