ハンガリー、カロチャ刺繍のブラウス

DSC04068.JPG

ブダペストで買った「カロチャ刺繍」のこども用ブラウス。
(いずれお店の壁に飾ろうかな、と思って買って来ました)

カロチャはブダペストの100kmぐらい南にある古い町で
そこで生まれた刺繍が
いまではハンガリーを代表する民芸品となっています。

ぷっくりとした立体的で光沢のある花の刺繍が特徴で、
ほぼシンプルなサテンステッチで作られています。
赤や紫が伝統的な色使いだそうです。
ハンガリーだけでなく、
チェコでもスロヴァキアでも感じましたが、
東欧の刺繍は、イギリスやフランスの刺繍よりも
太い糸で刺すことが多いようです。
そのため、ざっくりとした手触りのある
民芸品らしいぬくもりに仕上がっています。

チェコの手芸屋さんでも、刺繍糸をたくさん見ましたが
どれも太くて硬い、しっかりした糸で
ちょっとびっくりしました。
刺繍糸というより、わたしがふだん使っている
太めのレース糸に近いような…

このブラウスでは見られませんが、
刺繍した部分のまわりの糸を抜いて、
さらに別の糸でかがってレース状に仕上げたものが有名です。
ドイリーやテーブルクロスとして売られていました。
(糸を編んでレース状にするのではなく、
布の糸を抜いてレース状にするのはとっても大変!で
非常に手間のかかる技法です。
わたしにはとても無理…)

ハンガリーの女の子は、いまでも、
こどもの頃から刺繍を習っているんですって。
そうやって代々受け継がれていく技術がある
というのは、とても素敵なことですね。

このカロチャ刺繍以外にも、ハンガリーには
マチョー刺繍、イーラーショシュなど
地方によって多様な刺繍が存在するそうで、
どれも個性的で、違った魅力があります。

刺繍は、主に民族衣装の中で発展してきたので、
民族の成り立ちと深いかかわりがあります。
模様のひとつひとつ、
色使いのひとつひとつにも意味があり、
知れば知るほど、ますます興味が湧きます。

次に行ったときには、
それぞれの刺繍の町を訪ねてみるのも
おもしろそうだな、なんて思っています。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック