用意

それは凋落であろうか

百千の樹木がいっせいに満身の葉を振り落すあのさかんな行為

太陽は澄んだ瞳を
身も焦がさんばかりに灌ぎ
風は枝にすがってその衣をはげと哭く

そのとき、りんごは枝もたわわにみのり
ぶどうの汁は、つぶらな実もしたたるばかりの甘さに
 重くなるのだ


ゆたかなるこの秋
誰が何を惜しみ、何を悲しむのか
私は私の持つ一切をなげうって
大空に手をのべる
これが私の意志、これが私の願いのすべて!

空は日毎に深く、澄み、光り
私はその底ふかくつきささる一本の樹木となる

それは凋落であろうか、

いっせいに満身の葉を振り落とす
あのさかんな行為はーー

私はいまこそ自分のいのちを確信する
私は身内ふかく、遠い春を抱く
そして私の表情は静かに、冬に向かってひき緊る。



石垣りんさんの「用意」。
この季節になるといつも思い出す、
とても好きな詩です。

風に舞い散る木の葉を見て、
寂しくなったり、悲しくなったりするのではなく
「あの、さかんな行為」と呼べる、
その感受性。
その精神に、惹かれます。

強く。
もっと強く。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック