新しい輸入生地、いろいろ

さて、イベント週間が終わり、
今日からまた制作期間に入ります。

ということで、ちょっと在庫生地を整理中。

欠品中の商品の補充と、新作生地での制作、
今週は並行して行う予定です。
(…とはいえ、今日は、商品の発送とメールの整理で
一日が終わりそうですが)

では、ここで少し
先週の新入荷生地をご紹介しますねー。

まずは、ドイツコットン。

DSC03114.JPG

ウエストファーレンストッフ社の、ドイツ伝統柄。
「木と小鳥」柄の白×赤、水色×白と「バラ」柄。
どちらもノスタルジック。

昨日までの3日間のイベントで、
ウエストファーレンストッフ社の生地でつくった小物は
ほぼ完売。とっても人気でした。
あまり見たことのない珍しい感じと
懐かしいような新しいようなかわいさが、
いいんでしょうか?

来月のイベントにも、
ミトンやポーチをつくって持っていきたいなと思っています。

続いてUSAコットン。

DSC03116.JPG

左は初めて購入した、アンナ・グリフィンの生地。
かーわーいーいー。
レトロと洗練の匙加減が絶妙な花柄です。
バッグかエプロンか…なにをつくろうか迷います。

右側は大好きなモダのコットン。
白地にちょっと暗めのピンクで数字がプリントされています。
こちらは細かい柄なので、ペンケースとか
ティッシュカバーとか、小物を制作予定です。

そして。
だーいすきな、フランス、ストフ社の生地。
今回はリネンとコットン、1種類ずつ仕入れました。

DSC03117.JPG

左はコットン。
白地に大小さまざまな花が描かれた
水彩画のような、とっても華やかなプリント。
これは絶対にバッグ!

右は2度目の入荷、ハリのある厚手リネン地に
背の高い、ながーい花柄がプリントされた生地。
こちらもこれまでと同様に、バッグにするつもりです。

ストフ社の生地はすべて、
大胆で美しいプリントと、生地の品質の良さが際立っています。
上品で印象的、そして個性的。
そんなものをお探しの方にぴったりの生地ですよ。

…というわけで、
これから、上記の生地で
新作小物を順次制作していこうと思いまーす。

できたものは、順次ブログ&HPでご紹介しますね。
では、今週もがんばりまっす!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック