宇都宮のビール麦で造った地ビール

DSC02966.JPG

秋のイベント会場の下見のため、ろまんちっく村へ行ってきました。
ろまんちっく村と言えば、地元のビール麦を使って
ビールを醸造するブルワリーがあることで有名。

なので、地ビール(と日本酒)を買ってきました。
日本酒は大好きな烏山のお酒、東力士のにごり酒。

肝心の地ビールですが、
MUGI TAROは宇都宮産麦芽とチェコ産ホップで造ったピルスナー。
MUGI JIROは麦太郎からビール酵母を濾過して造ったピルスナー。
ということです。

太郎はコクと苦味のバランスがよく、香りもいいビール。
次郎は太郎より後味すっきり、苦味も少なくまろやか。
写真のほかに、鬼怒川温泉の温泉水で仕込んだ温泉ビールも購入。
温泉ビールがこの3つのなかではいちばん味の濃い、
苦味の利いた味わいでおいしかったです。好みの味でした。

さらに、戦場ヶ原の地下水で仕込んだ「いろは」とか
黒ビールとか、餃子によく合うビール、
なんてものまでありましたが、
それらは次の機会のお楽しみにとっておきます★


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック