好きなパン屋さん(5)ペニーレイン/宇都宮

DSC02964.JPG

近くを通ったので、ペニーレインでバゲットを購入。
焼きたてだったので、
とってもいい香りが車の中いっぱいに満ちて、
しあわせな気分で帰宅しました。

ペニーレインは那須に本店、
宇都宮には岡本と鶴田に店舗があり、
わたしは岡本店をよく利用しています。

ペニーレインの名物は、ブルーベリージャムを
食パンに渦状に巻き込んだブルーベリーパン
(ほかにもマーブル食パンの品揃え多数)ですが
わたしが好きなのは、ごまがたっぷり入った、ごまフランス。

今日はごまフランスパンと、パン・オ・フィグ、
それから写真のバゲットを買って帰ってきました。
そういえば、ぜんぶバゲット系…
外で買うパンはハード系が多いかも。

厚すぎず薄すぎず、程よいクラストの厚み・硬さ、
中のクラムのもっちりしっとりした感じ。
とっても好みのバゲット。
フランス系パン屋さんのクラストの厚い、
ガリガリ、ざくざく!のバゲットが好きな人には
ちょっと物足りないかもしれませんが、
わたしはこのぐらいが食べやすくて好きです。
毎日食べるならこのバゲットがいいな。

ざくざくのハードなバゲットは、
生地がヒキが強く、気泡が大きいものが多いのですが、
(それはそれでおいしくて好きですが)
わたしは近頃は、気泡がやや小さめで、ふんわりしっとり、
口解けのいい生地のほうが好きです。
ペニーレインのバゲットはちょうどそんな感じ。

そういえば、パン屋さんの講習会に行ったとき
「ずっと、ハードなクラストのバゲットが人気だったけど
最近は、昔の“フランスパン”のような
ややソフトな食感のバゲットに人気が戻りつつある」
というお話を聞きました。

「本場に近いもの」「本格的なもの」には
抗いがたい魅力がありますが、
それとはまた別に、口に馴染む
「日本人好み」の味があるんだな、
と、よく感じます。

日本人好みのおいしいバゲット。
いま食べたいのは、そんなバゲットです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック