窓のある物語

窓の話をしよう。

一日は、窓にはじまる。
窓には、その日の表情がある。
晴れた日には、窓は
日の光を一杯に湛えて、
きらきら微笑しているようだ。
曇った日には、日の暮れるまで、
窓は俯いたきり、一言も発しない。
雨が降りつづく日には、窓は、
雨の滴を、涙の滴のように垂らす。

ことばが信じられない日は、
窓を開ける。それから、
外に向かって、静かに息をととのえ、
齢の数だけ、深呼吸する。
ゆっくり、まじないをかけるように。
そうして、目を閉じる。
十二数えて、目を開ける。すると、
すべてが、みずみずしく変わっている。
目の前にあるものが、とても新鮮だ。
初めてのものを見るように、
近くのものをしっかりと見る。
ロベリアの鉢植えや、
体をまるめて眠っている老いた猫。
深煎りのコーヒーのいい匂いがする。

児孫のために美田を買うな。
暮らしに栄誉はいらない。
空の見える窓があればいい。
その窓をおおきく開けて、そうして
ひたぶるに、こころを虚しくできるなら、
それでいいのである。


長田弘さんの「窓のある物語」。
ときには、ことばが信じられない朝もあります。
そんなときは窓を開けて、
目を閉じて、深呼吸。

花も、緑も、空も、
すべてをまた新しく感じられるように。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック