ポケットティッシュカバーの作り方

気分転換に端切れでつくっているポケットティッシュカバー。
手間はかかりますが、カンタンにできるので
作り方、公開しておきますね。

DSC02323.JPG

まずは材料。出来上がりサイズは縦12・5cm×横10cmです。
それに縫い代(各5mmくらい)を足して生地を裁断します。

左)縦13.5cm×横11cm(本体裏面)
右)縦13.5cm×横5.5cmを2枚(本体表面)
下)バイアステープ(幅の細いもの。縁どり用)13.5cmの長さ×2本

DSC02326.JPG DSC02327.JPG

本体表面に、バイアステープを縫い付けます。
本体表面の、取り出し口になるほうを
バイアステープではさんで、ミシンをかけます。
バイアステープの際、1mmぐらいのところを縫ってください。
バイアスと同色の糸か、白、ベージュなどで。

DSC02328.JPG

バイアスを縫い付けたら、
本体表面と本体裏面を中表に重ね、まち針でとめます。
本体表面のバイアスの端と、本体裏面の真ん中がきっちり合うように。

DSC02329.JPG

出来上がりのサイズ(12.5×10cm)に合わせて、
ぐるりと一周、ミシンをかけます。
わたしは、力のかかりそうな部分やほつれそうな部分に
重ねミシン(ミシンを2重にかける)をしています。
縫い終わったら、角4箇所を、はさみで斜めに切っておきます。
(裏返したときに、もたつかないようにするため)

DSC02330.JPG

ぐるりとひっくり返して、角を尖ったもので引き出したら出来上がり。
リッパーか、目打ちを使って、角の生地をひっかけて
四角く形を整えます。
出来上がったらアイロンをかけると
縫い目が落ち着いて、きれいに仕上がります。


※リバティプリントや綿ローンなど
薄手の生地の場合は、薄地の織物芯を貼ってから作業します。

※もっとカンタンに作るには、
縁どり用のバイアステープに接着テープ
(中に糊がついていてアイロンでくっつけるタイプ)を使うとラク。

たくさんつくっておいて、
日替わりで使えるようにしておくと、楽しいですヨ★


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック