手芸店で買うべきか、問屋さんで買うべきか。それとも市?

家のすぐ近くに
「手芸センター・ドリーム」がオープンしたので
さっそく行ってみました。
1mだけ接着芯を買いに。

問屋さんで買ったほうが安いのは
わかっているのですが、
手芸店があると、つい…
つい、入ってしまうのです。

でも、なかなかの品揃え。
キャベジズ&ローゼズの生地とか
ソレイアードの生地が揃っているのは
すごいな、と思いました。
宇都宮ではあまり見かけないので。
(ふつうの小売価格だとかなりお高いので、
今日はがまんして、買いませんでしたが)

あとは主に、ルシアンやダイワボウテックスの生地、
それから、商用利用はできませんが
KOKKA、echino、naniIROなどの作家さんのものが
すごく充実していました。

そのかわりリバティや有輪商店など
わたしがよく使わせていただいている
メーカーさんの生地は取り扱いがないとのこと。
うーん。ざんねん。

思うに、通園・通学グッズを作りたいママさん用の
ラインナップなんでしょうね。
こども向けのプリントが多いことなどを見ても。
だから商用利用不可の生地が多いのかなぁ。
見ちゃうとカワイイからほしくなるのですが、
買ってもお店用には使えないって…苦しい…

あ、それから
リネン類がかなり充実していたのはいいなと思いました。
たぶんこのへんではいちばん揃っています。
ただ、お値段はそれなりにしちゃうんですよね。
リネンだし、仕方ないのですが。
(リネンの品揃えがいいのも、
ナチュラル志向の若いママさん向けっぽいですね)

ということで、
わたしとしては、生地そのものよりも
手芸用の道具類が充実していたことが嬉しかったです。
ちょうどきのう、リッパーを壊してしまったので
急遽、購入×2本。

結論として、
まとめて買うときは都内の問屋さん(でも交通費がかかる…)
宇都宮でちょっと買い足すのはユザワヤの会員セール
急遽必要なものが出てきたときには近所のドリーム
というのが、現実的な使い方かな、と。

でもなにより、地元の問屋町で開かれる
月一回の「市」で買うのがイチバン安いんです。
ただ、掘り出し物があるかどうかは
本当にそのとき次第なので
そこを頼りにしすぎないほうがいいんですけど。

市は、通い続けることが大事なのかな、やっぱり。

ポイントはお店の方と仲良くなって
いろいろ情報を得ること。
そして「こういうの来月ほしいなー」と
リクエストしておくこと、かもしれません。

今月も、掘り出し物を探しに行かなくっちゃ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック