ぺたんこバッグの作り方



リバティプリントで、ぺたんこバッグ、できました。

作り方は、
1.表地、裏地を同じ寸法に裁断
2.必要に応じて、芯をはる
3.持ち手を縫う
4.持ち手を本体表地に縫い付ける
5.表地、裏地の脇を縫い、袋状にする
6.アイロンで縫い代を割り、表地と裏地を合わせて縫う

というのが大まかな流れです。

では、詳しいつくり方を。

1.裁断
ここでは縦30×幅25cmに縫い代(各1cm)を足した大きさで
A4がぴったり入るサイズにしました。
袋の口の部分のみ、縫い代を3cmぐらいとっておきます。

2.接着芯をはる
リバティのタナローンは薄手なので、芯を貼ります。
今回は、ちょっと厚めの裏地をつけたので、
表地の芯は、口の部分と、持ち手のみに貼りました。
薄手の裏地をつけるときは、表地全体に貼るといいと思います。

3.持ち手を縫う
持ち手は、幅6cm×長さ40cmに生地を裁ちます。2枚必要です。
裁断後、持ち手全体に芯を貼ります。
持ち手を幅半分に折ってアイロンをかけ、
さらに右と左の端から、中心の折り目に向かって
半分ずつ折って、アイロンをかけます。
持ち手部分の布が、四重にかさなるように。



アイロンをかけ終えたら、端にミシンをかけます。

4.持ち手を本体に縫い付ける
表地の口の部分を仕上がりの大きさに折ってアイロンをかけ、
バランスをみて持ち手の位置を決め、縫い付けます。



↑本体表地と持ち手をこの状態にしてから、縫い付けます。

5.表地と裏地の脇を縫う
中表の状態で、表地の脇を、左右それぞれ縫います。



↑表地が袋状に縫えたところ。

同様に裏地も縫います。
できたら、縫い代をアイロンで割ります。

6.表地と裏地を縫い合わせる
裏地を表に返し、仕上がりのサイズに合わせて、
アイロンで口の部分を折ります。
中表の状態の表地に、裏地を重ね、
脇の縫い代の部分がちょうど重なるようにしながら
マチ針で表地と裏地を合わせて留めます。

口の部分から約2mmのところをミシンでぐるりと縫って、
縫い目にアイロンをかけて落ち着かせたらできあがり。

ぺたんこバッグの完成です!
内袋にポケットをつけるとさらに便利です。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック