愛する「清水牧場」の濃厚チーズ!

DSC02160.JPG

5月の連休にいつも取り寄せ or 牧場に買いに行く
熟成チーズたち。

長野県の奈川というところにある、
清水牧場さんがつくっています。

日本でいちばん高い場所にある広い牧場に
ブラウンスイス牛を放牧して育て、
チーズを製造しています。

右がハードタイプでアミノ酸たっぷりの「バッカス」
真ん中下がサワークリームのような「クワルク」
左上はさっぱりした生クリームのような「プティニュアージュ」
左下はセミハードのもっちりした「山のチーズ」です。

どのチーズもひと癖あって、
そこがチーズ好きにはたまらない味わいです。
決して嫌な癖じゃなくて、
凝縮されたうまみと、熟成香です。

フレッシュタイプのクワルクとプティニュアージュは
ほぼそのまま、なにかにつけたりして食べますが
バッカスや山のチーズは、炭火であぶって
表面を少し焦がして食べるのが、
毎年の楽しみ方。

焼き目のついた表面の香ばしさと、
とろりと溶けたマイルドな中身のおいしさ。
どちらも楽しめるのが、焼きチーズのよさ。

現在はいちばん好きなウォッシュタイプの
「森のチーズ」が品薄とのことで
今年は入手できませんでしたが、
次回はきっと!

いちばん好きな牧場チーズのお話でした。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック