可憐な花かんざし

ちかごろ、鉢植えをよく買います。
春になってきたので、
ずいぶんいろんな種類が出回っていますね。

先月は
ラナンキュラスの赤とオレンジをひと鉢ずつ買って、
ちょうどいま、見ごろを迎えています。
ひと鉢に6〜7本のつぼみがついて
それぞれ順番に咲くので、かなりお買い得だった気が。
ちなみに、ひと鉢200円!でした。

そして今日は、
白い花びらが可憐な、花かんざしをひと鉢。
こちらも200円。

花かんざし。名前だけでも、かわいいですね。
寒い冬、白い花びらをひらひら揺らすその様子から
「冬の妖精」とも言うのだそうで。
なんとも、乙女なお花です。
小菊のような、デイジーのような雰囲気も。

なんとなく桜の蕾もふくらんできたし、
虫たちは空を飛んでいるし、
陽射しは暖かくなってきたし、
花柄の生地も増えてきたし。

いよいよ、春になるのかな。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック