益子陶器市で陶製ボタンとおいしいパン!

DSC04661.JPG

秋の陶器市は11月1〜5日までの5日間。
今年は初日に行ってきました!
とっても爽やかないいお天気。
9時前に着いたけど中心部の駐車場は既に8割ぐらい埋まっててびっくり。
わたしは混雑を避け、少し離れた穴場の駐車場へ…
そこから5分ほど歩いて城内坂を目指します。

まずは共販センターの裏手から登り窯の脇をぐんぐん上り、
遺跡広場のところの「かまぐれの丘」へ。
人気作家さんのブースは整理券を配っていたり、
人だかりができていたり…早朝からすごい活気。

DSC04663.JPG

ときどき陶製ボタンをオーダーでつくっていただく
「gramme.」さんのブースでお買い物。
ボタン以外にもかわいいものがたくさんで
目移りしてしょうがない…!
掛時計がカワイイ…でもうちには似合わないから買えず。涙。

丘を堪能した後は、メインストリートの城内坂まで降りて
駅方向へぷらぷらと歩きます。
通りから少し入ったところに小さなテント村がたくさん隠れているので
それをひとつひとつ、のぞいてまわります。
歩いていると、あちこちの屋台からイイ匂い…
誘惑に打ち勝つのがホント大変です。

藍染屋さんの日下田さんのところまで来たらUターン。
今度は道路の反対側をのぞきながら来た道を戻り、
共販センターも越えてもっと先まで。
見目さんのあたりにあるテント村も
若い作家さんが多くて楽しいですよ。おすすめ。

DSC04664.JPG

そして今回は「明窯」の角を曲がって細い坂道を上り
「益子時計」へ向かいます。
メインストリートを外れたとたん、急に静かに…

DSC04667.JPG

そして5分ぐらい歩くと「益子時計」に到着!
目的はお隣の「えみぱん」さんだったのですが、
オープン前に着いたので益子時計でまずはコーヒーを。
ひと休みしてからお店を出ると、既に扉の前に行列が〜
みんな、コッペパン目当てかしら。
ここは、ふわっふわのできたてコッペに
好きなフィリングをはさんでくれる方式。
今回は、あんこ+マーガリンをいくつか購入しました。
それとオレンジブレッドと、焼菓子も少々。
(パンは配ったり食べちゃったりで
結局写真に撮るのを忘れました…すみません)

その後、つかもとさんの前を通って
仁平古家具店と益子陶芸村へ。
仁平さんのところで、ちっちゃなガラス瓶を買いました。
むかしの病院の薬の瓶…好きなんですよねー、古い瓶。
ついつい買っちゃって、増え続けています。

DSC04669.JPG

今回の戦利品のなかから「gramme.」さんのボタン。
リンゴとえんぴつがかわいすぎて…一目惚れ。
たぶん、もったいなくてしばらく使えないでしょう…

丸い水色のボタンはざらっとした質感で
菱形っぽいボタンはつるっとした質感。
どちらも好きな感じです。
陶製のボタンは、ぽってりした厚めのボタンが多いのですが
こちらのボタンはそんなに厚くなく、すっきりした印象で
洗練されてるっていうか繊細っていうか…
とっても素敵なんです。大好き。

ということで益子陶器市、5日まで。
お時間ある方はぜひ!



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック