【お知らせ】メール便80円&宇都宮市内(駅東エリア)無料配達について

現在、糸とボビンのオンラインショップでは
‖霰枴悄淵ロネコヤマト宅急便)一律500円
▲瓠璽詈160円
D蠏然依絞240円
の3つの発送方法が選べるようになっていますが、
メール便の送料をさらに抑えるため、
梱包を工夫して、80円便も利用できるよう変更しました。

商品代以外の費用がかさむと
なんだか損したような気持ちになるので
送料はできるだけ抑えたい!!
…ということで。

でも、ひとりでやっている小規模なお店なので
宅配便も500円が限界、郵便も240円が限界です。
(現状、オーバー分は当店負担でお送りしています)
だけど…よく考えたら、メール便は
いつも利用している160円便だけじゃなく、
80円便もあるじゃないですか!

ヤマト運輸さんのメール便は、
A4以内で厚み1cmまでが80円、
A4以内で厚み2cmまでが160円という規定なので、
梱包のやり方を変えて、もっと薄くすれば
80円便も使える…(←気付くの遅い!)

ということで、これからは
80円便もご指定いただけるようにHPを変更しました!
ブックカバーやコースター、ドイリー、
あとはストラップなど…小さいもの&薄いものは
少量なら80円便でもいける気がします。

それから、もうひとつ。

宇都宮市内で駅東エリア限定なのですが、
無料配達もはじめます★

ご注文いただいてから、3〜7日程度
お時間をいただくことになると思いますが、
もしお急ぎでなければ、
わたしが直接お届けします。

仕入れ・イベント・納品で
いつも市内を回っているので、
その圏内&隣接エリアまでだったら
なんとか配達できそう!と思って…

駅東エリアにお住まいじゃない方でも
お急ぎでなければ、お届けできる場合がありますので
詳しくはご相談ください。

詳細はHPのインフォメーション欄を
ご覧くださいませ。
http://thread-and-bobbin.com/info.html
※画面右下に、無料配達のできる
具体的な町名を掲載してあります。

よろしくお願いいたします!


糸とボビンのはじまりのお話

こどものころ、お裁縫は得意じゃありませんでした。

自分の手で何かを形にしていく過程は
わくわくして楽しくて…
つくっている時間は好きだったけれど、
母親のようには器用に出来ない自分が
すごくもどかしかった。

たぶん、お料理のほうが好きだった。
絵を描くことのほうが好きだった。
本を読むほうが好きだった。
ピアノを弾くほうが好きだった。

お裁縫は、順番で言ったら
四番目か五番目ぐらい。
本当に小さな趣味だったけど…

いつの間にか、こんなふうに毎日、
ミシンの前に座っている。
こんな日々が来るなんて想像もしませんでした。


お裁縫をもういちど始めたきっかけは、たぶん
宇都宮に戻ってきたこと、だと思います。

「この町では、東京で着ていた服が似合わない」

あるときそれに気が付いて、
それからはもう、どんな服を着ていても
なにかが違う気がして、
でも、どんな服を買ったらいいのかもわからなくて、
途方に暮れたような気分でした。

病気をして働けなかったあの頃、
お金を服に費やす気にもなれなかったから、
「自分で服をつくろう」
と思い立ったのは、自然な流れだったのかもしれません。

それから、何枚も何枚も、
自分が着る服を毎日縫い続けました。

しばらくしてタンスがいっぱいになった頃、
手もとには、端切れの山ができていました。
リバティプリントやブラックウォッチ、デニム、帆布…
どの生地にも愛着があったので、
小さなものでも捨てたくない…
そんなふうに感じて、いつしか
小物づくりをするようになりました。
最初につくったのはたしか、ウールの帽子。
リバティプリントをはぎ合わせて裏地に使って…


「糸とボビン」というお店は、たぶん
いくつもの理由と、いくつものきっかけが重なって
始まったものです。

ずっと前から計画していたものでも、
かといって、
ちょっとした思い付きで始めたものでもない、
不思議だけれど、自然な流れでスタートした、
小さなお店です。

これからどんなふうに変わっていくのか
自分でもまだわからないけれど、
嘘のない、誠実な仕事をしていきたいと
それだけは強く思っています。

「会社員」という立場では、できない仕事がしたい。
上辺だけの仕事、
その場だけの仕事はもうしたくない。
一度きりの人生だから。
後悔のない仕事を。



フランス&アメリカのアンティークボビン

DSC03332.JPG

店名の「糸とボビン」にちなんで、
いろんなボビンをコレクションしています。

今回買ったものはアンティークです。
昨日の「しもだてマルシェ」で、
雀宮の「sucre」さんから購入。

左の立体的な糸巻きは、フランスの
「CARTIER-BRESSON」というメーカーの糸。
刺繍糸で有名な「DMC」と合併して、
今はもう存在しない会社なんですって。
C-Bのロゴとか、数字の書体とか、すごくかわいい。
こういう立体的な形の紙ボビンは
きれいな形のまま保存するのが難しいようで、
状態のいいものが少ないみたいですよ。
貴重品。

右はアメリカのボビン。
ミシンの下糸に使うボビンの形だけど、
これ、そのままミシンに入れて使うのかなぁ?
以前、同じ形状のものを氷室の「noued」さんでも買いました。
好きなんですね、この形。

sucreさんのお店は行ったことがないのですが
手芸系のブロカントもたくさんあるようなので、
近々、おじゃましたいと思っています♪
糸とかハサミとかボビンとか…
手芸用品のブロカントってすごくかわいくって、大好き!


アンティーク風ボビン

DSC03050.JPG

雑貨屋さんで見つけた
アンティーク風のハサミ&ボビン。
巻いてあるのは麻紐です。

このタイプのハサミ付きボビン、
最近よく見かけますね。
ほんとのアンティークも、アンティーク風なものも。

アンティークだと勿体無くて使えないから
完全にディスプレイ用ですが、
これは実際に使おうと思っています。
ラッピングとかディスプレイとか、
麻紐って意外と活躍の場が広いので。

右側の人形は、谷中「BISCUIT」で買ったモール人形たち。
ドイツ製だったか、チェコ製だったか…?(失念)
以前、近くに住んでいたので、
よくお買い物に行っていました。

“小さなかわいいもの”がたくさん詰まったお店で、
そこだけちょっと別世界。
そういう場所に一歩足を踏み入れると
煩雑な日常からちょっとだけ離れられるので、
なにも買わなくても、
少しだけ覗いて、気分転換させてもらっていました。
なんだか懐かしいです。

これから自分が目指すお店は
「別世界」なのか「日常と繋がった場所」なのか。
まだ輪郭すら見えない気がしますが、
いま紡いでいる時間の先に、
その場所があると信じて。


本日、自宅で営業中

DSC02590.JPG

狭い自宅ですが、お庭に面した部屋の一角に
商品をディスプレイしています。

DSC02588.JPG DSC02587.JPG

左はティッシュカバーとシュシュ。右はバッグ類。

今日はお客様がいらっしゃる日なので
自宅店舗(?)にて営業中です。
営業中の日は、自宅の玄関付近に
「糸とボビン」の小さな看板を出しています。
(メールにてご希望の日程をご連絡いただければ、
自宅の詳しい場所をご案内いたします)

ほんとうに狭くて、商品がぎゅうぎゅう。
うーん。スペースが足りない…!

実は、バッグが掛けてある壁の下あたりに
グランドピアノが置いてあって、
そのせいで窮屈なんです…ごめんなさい…
でも、いまのところ、この部屋しか商品を置ける場所がなくて。

来てくださる方には、とっても窮屈な思いをさせてしまって
本当に心苦しい限りですが、
当面はこんな感じで営業しております。
よろしくお願い致します!


【お知らせ】メール便の適用がA4サイズに一本化されます

2012年7月1日より、ヤマト運輸さんの
「クロネコメール便」の利用規定が変更になります。

いままではB4サイズまでOKだったのですが、
基本的にメール便はポスト投函のため、
一般的なポストに入るA4サイズのみに
適用サイズが変わるそうです。

B4サイズの封書は入るポストが少なく、
折り曲げて入れるなどして
破損・汚損の原因となっていたそうです。

糸とボビンでは、B4サイズのメール便、
けっこう利用させていただいていたので
ちょっと残念ですが…

でも、都市部では特に、
ポストのサイズは縮小化する傾向にあるそうで
B4サイズの封筒の扱いって、けっこう難しいんだそうですよ。
(今日ヤマトさんで聞いてきたお話です)

ということで。
弊店のオンラインショップでは、今後の発送方法&送料を
以下のように変更させていただきます。

基本的には従来どおり、安全・確実な発送のため、
クロネコヤマト宅急便またはゆうパック
(どちらも手渡し/全国一律500円にて発送)
利用させていただきたいのですが、
ご希望の場合は以下の2通りの発送方法をお選びいただけます。

A4サイズまで → クロネコメール便(160円)※ポスト投函
B4サイズまで → 定形外郵便(240円)※ポスト投函

ご注文の際、カートの備考欄で
メール便と定形外郵便が選べる設定になっておりますので、
ご利用の際は、備考欄へのご記入をお願いいたします。

ちょっとややこしくなりましたが…
よろしくお願い申し上げます!


つくり手の顔が見える仕事を

季節も変わってきたことですし、
HPを少し衣替えしました。
トップページは「糸とボビン」らしいものを、と思い
紙製のボビンが並んでいる画像にしました。

以前、ブログでもご紹介しましたが、
右の、平らな糸巻きはフランスのアンティークで
毛糸が巻いてあります。
毛糸をボビンに巻くってなんだか不思議ですね。

左のボビンは、ミシンの下糸に使うボビンで
アメリカのデッドストックだそう。
ミシン用のボビンは普通、金属かプラスチックなので
紙製というのは、かなり珍しいと思います。

どちらも古道具屋さんで購入したものです。

相変わらずHPの更新がなかなか進まない日々ですが
少しずつ、手を入れていけたらいいなと思っています。
本当は撮りなおしたい写真がいっぱいあるのですが
追いつかない、かな…

HP、イメージだけは頭にあるのですが
どうやって形にしたらいいのかよくわからない、
というのが正直なところ。
プロの手を借りたい気もするけれど
でも、ぜんぶ自分でやると決めたので、
当面は、できるところまで、自力で。

うまく説明できないのですが、
いま世の中に流通しているものの多くは
「分業」の中でやり取りされていて、
モノをつくっている人の顔が
どんどん見えなくなっているような気がするのです。
だから"商品をつくっている人が、ぜんぶやっている"
ということに意味があるような気がして、
最初から最後まで、ぜんぶ自分ひとりでやりたいと
このお店を始めるときに、そう決めました。
無謀かもしれないけれど。

「顔の見えない仕事」は「責任を取れない仕事」だと、
会社勤めをしていた頃によく感じていました。
「分業が進むほど、ひとりひとりが
その仕事に対して責任を自覚しなくなる」と。

だから、そうならないように。ぜんぶ自分で。

至らぬところも多く
ご迷惑をおかけしてしまいますが、
どうかお許しを。
…頑張ります!


店舗、のようなもの

このところ、
「ちょっと商品見せてくれる?」と言って
ご近所の方々が
自宅に来てくださる機会が増えました。

そのたびに、玄関先に商品を広げて
お見せしていたのですが、
それじゃちょっと、あんまり…?
と思い、1Fのお庭に面した一角に商品を陳列。
2Fの自室にあった帽子掛けも1Fに移動させ、
ちょっとお店風にしてみました。

帽子の数が多すぎて、
雑貨屋というより帽子屋さんみたい(笑)
とはいえ、以前よりは
商品が見やすくなったと思います。
量が多くて全部は陳列できないのですが。

棚の隣のテーブルにミシンを置き
ついでに作業場も1Fに移動。
できあがった品物を眺めながら
ミシンがけができるのって、いいですね。

とりあえずの仮店舗、のようなもの。
イヤ、仮店舗の卵、ぐらいかもしれませんね。
まだ。

そろそろちゃんとした物件を探そうかな…
とも思うのですが、
あまり焦らず、ゆっくり進めていこうかな。

前職の癖で、思いつくとどんどん物事を進めたくなるのですが
もうちょっとゆっくりでもいいのかも。

母校の近くに、東京R不動産みたいな
おもしろい不動産屋さんがあるので
そこにお願いして、店舗物件を探そうかなー、とか
いやいや、やっぱり自宅付近(or 自宅を改装)かな、とか。

お店の場所については、いろいろと迷いがあります。

でもそれも、次第に見えてくるのかな。
大事なことだから、道が見えるまで
もう少し時期を待つことにします。

それまでは、この仮店舗(?)で。


消しゴムはんこでお店のロゴづくり

なんてったって、手づくり派なのです。

DSC02022.JPG

今までは、無地のクラフト紙の袋に
商品を入れてお渡ししていたのですが
寂しいので、ロゴをつくって、ぺたぺた。

ずーっと、やろうと思っていたのですが
時間がなくて、なかなか取り組めないでいたところ
母が「わたし彫るよ」と言ってくれたので
デザインだけ描いて
カッターで彫るのは、母の担当に。

頼りになります、美術教師。
そして数時間後には完成。はやーい。
ありがとう、母。

そしてきのうは一日中、
袋にぺたぺた、ぺたぺたぺた…
スタンプを押し続けて、
なんと今日、右腕が筋肉痛に。
そんなに脆弱な筋肉なのー、わたし(泣)?

お店の領収書におすゴム判や、
商品タグにおしているスタンプは
業者さんにお願いして作っていただいたものですが
(細かな文字はさすがに自分では彫れなくて)
袋のロゴぐらいは、自作がいいなぁと思って。

この、アナログなヘタウマさ加減がいいでしょ?
(なんて言うと母に叱られそうです)

まだまだ、今日もおしますよー。
ぺたぺたぺた…


お知らせ★「糸とボビン」ONLINE SHOP を4月20日にオープンします

諸事情によりなかなかオープンできなかった
オンラインショップ。

オープンに向けて少しずつ環境が整ってきました。
(今日は工事が中断していたHPを
せっせと修正しておりました)

そして、いよいよ4月20日にネットショップを
オープンすることに決めました!
さあ、もう少ししか日がないから
追い込みがんばらなくちゃ。

まだまだオープンまでにご用意しておきたい商品があるので
風邪からもう少し立ち直ったら、
張り切ってつくりたいと思います。
材料だけはたっぷり買ってあるので…
あとはつくるだけ!デス。

これから、
オンラインショップのオープン
→水戸のクラフトいち
→那須のアートフェスタ
と続くので、ちょっと忙しくなりそうです。
熱出して寝込んでる場合じゃないぞ、わたし!

ということで。
以後、お店のほうも、
何卒よろしくお願い致します★

ネットが軌道にのったら、
次は実店舗オープンの野望に向けて、計画始動です。
うまくいくかな。
わくわく。ドキドキ。ハラハラ。です。

そして、ゆくゆくは手づくりパンの販売も…
と夢はふくらむ一方。
でもまだパン屋開業までの道のりは遠いなー。
いつになることやら!


| 1/2PAGES | >>